注意点1、ことばの問題

注意点1、ことばの問題

韓国での美容整形のデメリットとして1番にあげられるのが「ことばの問題」でしょう。流暢な韓国語を話せる人は問題ありませんが、そういう方のほうが少ないでしょう。外国語で具体的な内容を伝えるのはとても難しいこと。

 

 

 

一番してはいけないことは「ニュアンス」で伝えること。例えば一言で「キレイな二重」と伝えたとしましょう。この場合あなたがイメージする「キレイな二重」と、韓国人医師が考える「キレイな二重」は果たして同じでしょうか。

 

 

 

日本人はぱっちりとした目が好まれるのに対し、韓国ではきりっとした切れ長の目が好まれます。このように好みや一般常識なども異なることがあるのです。ですから打ち合わせのときは、できるだけ具体的なことばで、そして整形後の顔などをビジュアルで確認する必要があります。

 

 

 

気になることは「ま、いいか」で流してしまうと、あとで後悔してしまうことにつながるかもしれません。わからないことは質問し、納得した上で施術を受けましょう。