プチ整形は美容皮膚科でも

プチ整形は美容皮膚科でも

プチ整形、プチ整形と当たり前のように、ごく簡単に誰でもできる時代になりました。プチ整形はどうも美容整形外科でしないといけないのではないかと思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

でもじつは、美容整形外科だけがプチ整形をしてくれるところではないんですよ。美容皮膚科でもプチ整形は可能なんだという事実を御存知でしたか。美容皮膚科自体あまり知られていないかもしれませんね。「初めて聞いた!」という人ももちろんいると思いますので、少し簡単に説明したいと思います。

 

 

 

美容皮膚科でプチ整形を受ける場合、しわ・しみ・ほくろなどの皮膚トラブルを美容の領域において治療したり、二重まぶたや小顔輪郭形成、鼻の整形などもしてくれます。美容皮膚科によってプチ整形をしてくれる内容が違うようなので、インターネットなどできちんと調べて行くといいでしょう。 

 

 

 

美容整形外科と美容皮膚科の違いがわからない人もいますよね。簡単に言うと、美容整形外科は外科的処置、つまりメスを入れることが主なのですが、美容皮膚科は、メスを入れないで皮膚科の分野の目で見て、美容的な治療を施すところなのです。

 

 

 

メスを使わないということはたくさんの麻酔を使わないし、縫合や抜糸がないので、手術後のない出血や腫れが少ないために、体に優しいプチ整形だと言えます。

 

 

 

ただ、皆さんも御存知だと思いますが、美容系の治療は、美容目的のためなので保険が利かず、自己負担金が大きくなるということは美容整形外科でも美容皮膚科でも同じなので、各病院によって違う料金システムにもきちんと目を通しておくことをお勧めします。